検索上位に食い込む方法 – 戦いやすい複合キーワードの設定

4ミニ.net運営の北です!

4ミニ.netの場合、閲覧者の7割はグーグルのヤフーの検索からやってきます。PV(ページビュー)アップのためには、

「いかに検索上位に表示されるか?」

これが大きなポイントとなります。

→ 検索上位を狙うための7つの常識

では、どのような方法で記事を作ったらいいのでしょうか。今回はこれを解説してみます。

グーグルのガイドラインによると…

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を考慮してページを作りましょう

SEOなどグーグル検索のみに主眼を置いた「グーグル対策」という言葉がありますが、

ページを作成する上では上記を意識するのではなく、しっかりとユーザーを見据えたページを作りましょう!

この記事はユーザーにとって有益かを考えましょう

たとえ検索エンジンが存在しなくても、上記の判断ができるのか? まずは胸に手を当ててよーく考えてみましょう!

つまり、「こんな記事だったら、検索エンジンに認めてもらえる」だとか「こうすれば検索上位にランクされる」という考えで記事を作るのではなく、「オレは検索エンジンなんて関係ない。ユーザーに役立つ記事が書きたいんだ!」という意気込みでページを作ってください!

自分のサイトやページに独自性をもたせましょう

オリジナリティをもたせることで、競合サイトとの差別化を図りましょう。あなたにしか作れないページ、あなたにしか書けない記事を書くことをおすすめします!

検索とはユーザーの質問。ユーザーの気持ちになり、「ユーザーが何を知りたいのか」を想像した上で記事を書く必要があるというわけです。

検索上位に入るコンテンツの作り方

結論からいうと、検索上位のページを超えるコンテンツを作ることです。

「簡単そうに言うな!」「難しそう」「そんなの無理」という声が聞こえてきそうですね。しかし決して無理ではありません。「これからコンテンツを作ろう!」という人には、有利な点が1つあります。それは

後出しジャンケンができること!

検索上位のコンテンツをじっくりと読み、研究し、それを上回るお役立ち情報や面白話を盛り込んでいくのです。

検索上位に入るための手順

1.キーワードを選定する

まずは上位表示したいキーワードを決めます。

キーワードを選定する時のポイント!

1語よりも2語や3語、つまり単体キーワードではなく複合キーワードを選ぶこと。

例えば「パソコン」とか「スマホ」ではなく、「パソコン、教室」「スマホ、激安、東京」などにする。なぜなら「パソコン」とか「スマホ」では範囲が広すぎて、ユーザーの知りたいことが掴みづらいから。ユーザーの質問の意図すら分からない状況では、たとえライティングのプロであっても役立つ記事など書けません。

一方、「パソコン、教室」「スマホ、激安、東京」などの複合キーワードは、ユーザーが知りたいことがイメージしやすく、記事が書きやすい。加えて「パソコン教室を探しているパソコン初心者」だとか、「東京で激安のスマホを探している人」という対象者(ペルソナと呼ぶ)が絞りやすいのがポイントです。

次に、

競合サイト(コンテンツ・記事)の内容が弱いこと

まずはグーグル先生で選定したキーワードを検索してみます。

1ページ目(1位から10位)に表示された各ページをしっかりと閲覧し、内容の強弱を確認してみましょう。

内容が強いサイト(コンテンツ・記事)とは…
特定の分野で権威のあるサイト。公式サイト。文字数が多いなど情報量の多いサイト。内部リンクがたくさんある記事。アマゾンや楽天などのいろんなコンテンツの詰まったポータルサイト。ひとつのジャンルに特化したサイト。文字だけでなく図解やグラフ、動画などを多数盛り込んだオリジナル感の強いサイト。その他「とても真似できないなあ」というサイト。
内容が弱い=戦いやすいサイト(コンテンツ・記事)とは…
ブログのような1記事完結型の記事。内部リンクの少ない記事。文字数の少ない記事。無料ブログなどが検索上位を独占している場合。その他「このページなら超えられる」というページ。

検索時の注意点!

検索時はプライベート検索(個人の地域や趣味、趣向を優先させた便利な機能)をオフにして、正規の順位をチェックします。

ブラウザの地球儀マーク(赤い下線)をオフにすればOKです。

20150409234028[1]

地球儀マークが表示されない場合は、歯車マーク>検索設定>プライベート検索結果を使用しない>の順番で設定します。

231AA
HGBNAA

2.キーワードの検索ボリュームを調べる

キーワードの検索ボリュームをリサーチするには、グーグルが無償提供している「キーワードプランナー」というツールを使用。アカウントを取得すれば誰でも無料で使えます。

→ キーワードプランナー

例えば「パソコン」という単体キーワードの検索ボリュームを調べてみましょう。

「パソコン」の月間平均検索ボリュームは24万6000。関連する他のキーワードを見てみると「ノートパソコン」は20万1000。いずれも検索ボリュームの多いビッグキーワードです。競合相手が多いビッグキーワードで検索上位を狙うには、上位ランク中のサイトやページに負けない中身の濃いコンテンツを作成する必要があります。

JHB77

次に「パソコン、教室」という複合キーワードを見てみましょう。

「パソコン、教室」の月間平均検索ボリュームは1万2100。関連する他のキーワードを見てみると「パソコン、教室、料金」は1300です。

検索ボリュームの少ないスモールキーワードは競合相手が少ない=そこそこの内容のコンテンツでいいというわけではありません。特にニッチなキーワードの場合は、「その分野での熾烈な競争」が繰り広げられているからです。

IJNB44

記事作成後には「サーチコンソール」を駆使

グーグルが無償で提供しているサーチコンソール(Search Console )。同ツールの「検索アナリティクス」という項目では、記事作成後に「狙ったキーワードが何位にあるのか」が確認できます。

→ サーチコンソール

各キーワードの検索順位の他、「CTA(Call to action)」「表示回数」「クリック数」も確認できます。

9521KJ

ビッグキーワードとスモールキーワードの特徴

多くのPVを稼ぎたいのなら、検索数の多いキーワード(ビッグキーワード)を狙うのが基本。ただし競争相手が多く、上位に食い込むのは非常に難しいのがネックです。

一方、検索数の少ないキーワード(スモールキーワード)はビッグキーワードほどのPVは望めませんが、ユーザーの要求や人物像(ペルソナ)の仮説が立てやすく、ユーザーの求める記事が作りやすいのが特徴。

マニアックでニッチな分野であれば、単体キーワードを軸に、関連する様々 なキーワードで上位にヒットさせるロングテールキーワード(ニッチワードとも呼ばれる)を狙ってみるのもひとつの手です。

3.コンテンツの作成

検索=ユーザーの質問です。

あなたが検索ユーザーだった場合、もしも知りたい情報に辿り着けなかったらイライラするでしょ? 良いコンテンツとは、ユーザーの質問に対し、適切に・分かりやすく・丁寧に返答できているものだといえます。

ユーザーに求められている中身の濃いコンテンツ。その見本は、ズバリ検索上位にあります。検索上位のコンテンツを客観的に見ることで、「この内容であればユーザーは納得するんだな」ということが分かります。

記事を作るその前に、

・まずは、選んだキーワードで「自分なら何を知りたいか」「何を知れば満足するのか」を考えてみること→つまり主観

・次にユーザーに求められている検索上位のコンテンツを閲覧し、「この事項は役に立つ」「このことなら面白く書けそうだ」というネタ出しをする

・ネタ出しが終われば、「どのネタ順で書くか」「各ネタをどのくらいのボリュームで書くか」という全体の構成を考える

以上が決まれば、今度は目次となるネタ=大見出しを決めます。

この場合、各ネタのボリュームが少なすぎても中身が薄くなり、逆に多すぎてもくどくなるので、できるだけポイントを絞ることが重要です。

ココに注意!

紙媒体と違い、ウェブはスマホで読む人が非常に多いのが特徴(4ミニ.netの場合は半数以上)。1つのネタに対してダラダラと書き連ねるのではなく、要所で小見出しを付けるなど、できるだけ読みやすくしてあげるのがポイント。全体的に「起承転結」を付けるなど、リズムを持たせて記事を書くのもおすすめです。

最後に

書く時にもっとも大事なのは、「あなたの頭の中のフィルターを通して書く」ということ。コピー&ペーストはもちろん、単なる受け売り記事では読んでいても面白くない=検索上位には入れません。必ず一度あなたの頭の中で揉み、フィルターを通して書くことが重要。時折、あなたの主観や体験談が入ることで、記事に面白みがでたり説得力が増したりしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北 秀昭

4ミニ.net運営者。兵庫県生まれ。千葉県在住。サイト運営のほか、モーターサイクル専門誌や情報誌のライティングやディレクションなどを手掛ける。サイト運営によってウィンしたSEOやライティングなど、「生のウェブマーケティング」をMAXに活かしていきたいと思う40+α歳。趣味はジョギング。人生の最大の喜びは家族とのバカ話。