マフラーのサビを落として耐熱スプレーで塗装 – EXシステムのフォルムは復活するか?

表面が完全にサビてしまったモンキーのマフラー…。表面にポツポツと小さく浮き出た程度ならサビ取り剤で磨き落とすこともできますが、ここまでサビが酷いと完全に手遅れです。かといって再メッキする予算はありません…。そこで今回は、表面を「ひと皮むいて」このマフラーを復活させてみましょう!

メッキマフラーは表面が傷みやすいので要注意

まずは2枚の写真を比べてください。

HGBA693

写真A

DSCF7179

写真B

どちらもスチール製のメッキパーツです。写真Aと写真Bとでは、「サビの付き方」が違いますよね? 

バイクの中でもっとも熱を持ちやすい部分は、エンジンのシリンダーヘッドの燃焼室。そのシリンダーヘッドから伸びるマフラーのエキパイは、走行中、数百℃にも達します。

また、マフラーはエンジン始動&停止を繰り返すたびに、熱くなったり冷たくなったり、また熱くなったり冷たくなったり。これを繰り返します。そのため素材のスチールはいうまでもなく、表面にコーティングされたメッキの負担も非常に大きくなります。

上の写真は、それを顕著に物語っています。マフラーはエンジンに近ければ近いほどメッキが剥がれ、サビが酷くなっているでしょ。

メッキパーツは購入後、まずサビを防止する保護剤を塗布。マメに(特に雨天後)水洗い&空拭きをし、よく乾かした後に保護剤を塗布。これを徹底しましょう。

バイクのマフラーを完全攻略

バイクのメッキを完璧にガード – クロームメッキの弱点をカバーしてサビを阻止する方法

作業方法
エンジンからマフラーを取り外す

2

マフラーのサビはもちろん、エンジン側にあるフランジ取り付け用ボルトのサビにも要注意サビによってこの部分の腐食が進むと、ナットを緩めている時にこの部分が「ポキッ」と折れてしまうことがあるからです。

もしも根本から折れてしまったら、マフラーの取り付けは不可。プロによる修復が必要です(※注1)。フランジ取り付け用ボルトは定期的に潤滑剤を吹き付けるなど、徹底的にサビを防ぎましょう。

折れたボルトを抜く。それがダメなら下穴を開けてタップでネジを切り直し。そして新しいボルトを設置。この作業は手間も時間もかかります。

タップを使ってネジを切る(立てる)方法

エキパイの内部を掃除

DSCN2224

このマフラーはエキパイとテールパイプがスプリングジョイントされた2ピースタイプ。そのためエキパイの中に溜まったカーボンの掃除がしやすいのが特徴です。

整備性や取付の難易度にも関係するバイク用マフラーのピース数

ワイヤーブラシを使い、中のカーボンをかき出します。

ワイヤーブラシで清掃後、今度は中に小石を数個入れ、バーテンダーがシェイカーを持ってカクテルを作るように「シャカシャカ」とシェイクしました。

ペーパーとワイヤーブラシでサビを除去。しかし…

DSCN2225
DSCN2228

手始めにペーパーでサビを擦ってみます。しかしサビが強烈なため、まったく取れません。ワイヤーブラシでも歯が立ちません。

ディスクグラインダーで表面のサビを削り取る

4-1
DSCN2230

ここでディスクグラインダーの登場。「一皮、二皮むく」ような感覚で、表面のサビを慎重に削り取っていきます。かなりの荒業ですが、マフラーは軽量化されましたよ(笑)。

金属の切断や荒削りに使用するディスクグラインダーの使用方法

スチールの素材がむき出しになったら、耐水ペーパーで全体を整えるとともに、細部に残った錆びをキレイに落とします。

DSCN2233

シルバーの耐熱スプレーで表面をコーティング

サビ止め&ドレスアップにはブラックの耐熱スプレーの使用も考えたましたが、メッキのままのテールパイプとのバランスを考慮し、今回はシルバーの耐熱スプレーで作業しました。

DSCN2238
DSCN2241

耐熱スプレーはホームセンターに行けば1000円前後で購入できます。塗装面にムラが出ないよう、3回程度重ね塗り。塗装後は2時間ほど屋外で乾燥させました。

祝・完成!

6 写真変更

光り輝くメッキには敵わないものの、まずまずの仕上がり(かな?)。

まとめ

メッキのままのテールパイプとの若干のチグハグ感はお愛嬌(笑)。1000円程度で出来たのだから、良しとしましょう。

でもやっぱり、シルバーよりもブラックのほうが良かったかなぁ。ブラックだとメッキのテールパイプとの相性がイマイチだし…。だったらテールパイプもメッキを落としてブラックにしちゃえば…。と、考え出したら切りがないのでこのへんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北 秀昭

4ミニ.net運営者。兵庫県生まれ。千葉県在住。サイト運営のほか、モーターサイクル専門誌や情報誌のライティングやディレクションなどを手掛ける。サイト運営によってウィンしたSEOやライティングなど、「生のウェブマーケティング」をMAXに活かしていきたいと思う40+α歳。趣味はジョギング。人生の最大の喜びは家族とのバカ話。