2ストエンジンのカスタム方法やチャンバー装着のメリットを解説

吸排気バルブやカムシャフトを備えたメカニカルな4ストロークエンジン、略して“4スト”に比べ、2ストロークエンジン、略して“2スト”は、吸排気バルブやカムシャフトを持たないシンプルな機構が特徴。2ストエンジンに関する事項をまとめてみました。

2ストエンジンのポイント

690o

バイクのエンジン、2ストロークと4ストロークの違いはココ!

2ストは2サイクルとも呼ばれる、ピストン上昇・ピストン下降の2ストロークで「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4つの作業をこなすエンジンのこと。4ストエンジンとの違いを詳しく解説。

123d

2ストローク(2スト)の構造と特徴

2ストロークエンジンは構造上、排気ガス規制に適応しにくいため、残念ながら公道用市販車に採用されることはなくなったが、中古車市場ではまだまだ人気。4ストロークエンジンよりもパワフルかつスピーディーな2ストエンジンの構造を要チェック。

6-1

2ストローク(2スト)エンジンの動き

4ストロークエンジンは「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4工程を、ピストン二往復で完結させる方式。一方、2ストロークエンジンは「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4工程を、ピストン一往復で完結させる方式。エンジン停止時の混合気吸入から排気ガス排気までの工程を、順を追ってチェック。

2-2

リューターを使った2ストロークエンジンのポート加工

2ストロークエンジンのパワーアップの3本柱は「チャンバー交換」「ボアアップ」、そして「シリンダーのポート加工」。吸排気のタイミングや量をコントロールすることにより、眠ったままのポテンシャルをフルに引き出してくれます。

1-5

2ストロークエンジンのリードバルブ

2ストエンジンの吸気側(キャブレターとシリンダーの間)には、キャブレターから混合気を導くための「リードバルブ」と呼ばれる、板状の開閉弁が装着されている。同パーツのしくみと特徴を見てみましょう。

453f

2ストエンジンの「1次圧縮」と「2次圧縮」

4ストロークエンジンと違い、2ストロークエンジンの圧縮工程には「1次圧縮」と「2次圧縮」の2つがあります。それぞれの圧縮を上げるため、社外のチューニングパーツには様々な工夫が施されています。

567y-1

バイクの「空冷エンジン」と「水冷エンジン」の違い

2ストエンジンにも4ストエンジンにも、「空冷式」と「水冷式」がある。エンジンの熱を空気で冷やす空冷式と、エンジンの熱を水で冷やす水冷式。両者の違いについて詳しく解説。

2ストの「チャンバー」と「スポーツマフラー」

5673f

2ストロークエンジンに装着する「チャンバー」とは?

ししゃもの腹のような不思議な形状を持つチャンバー。2ストロークエンジンのポテンシャルを的確に引き出してくれる、スポーツモード全快のエキゾーストシステムです。

435gt

街乗りにも最適な2ストエンジン用スポーツマフラー

ストリートでは落ち着いた雰囲気のスポーツマフラーが人気。チャンバー効果による性能アップを実現しつつ、街乗り走行も視野に入れた設計がポイントです。