2ストロークエンジンのリードバルブ




2ストエンジンの吸気側(キャブレターとシリンダーの間)には、キャブレターから混合気を導くための「リードバルブ」と呼ばれる、板状の開閉弁が装着されている。同パーツのしくみと特徴を見てみよう。

リードバルブの見直しはパワーに直結する!

2ストのリードバルブとは、4ストでいう吸気バルブの役割を果たすシリンダーの吸気穴に接続されるパーツ。リードバルブは毎分何百回・何千回の開閉を繰り返すという過酷な環境下にあるものの、確実な開閉動作が要求されるのが特徴。

リードバルブの開閉弁は一般的に樹脂が採用されるが、レース用などは適度な硬さで俊敏な動きが期待できるカーボンなどが使用される場合もある。

1-4
1-2
1-3

社外のリードバルブ(挿入側)。写真上は開閉弁2枚×2=4枚、開閉弁3枚×2=6枚、開閉弁1枚×2=2枚の各タイプ。写真の開閉弁は、両脇の金属製ストッパーまで開くしくみ。

こちらは社外リードバルブをキャブレター接続側から見たところ。リードバルブは「俊敏に」「効率良く大量の」混合気を吸入できるのかがポイント。各社とも開口面積、角度、弁の素材、弁の枚数などに工夫を凝らしたモデルをリリースしている。

2-1

ピストンが上昇すると、負圧によってリードバルブがオープン。キャブレターで作られた混合気が、クランクケース内に吸い込まれる。

2-2

爆発によってピストンが一気に下降。クランクケース内の圧力が高まり、リードバルブはしっかりと閉。キャブレター側に逆流するのを防止する。なお、この逆流を“吹き返し”と呼ぶ。

【合わせて読みたい4ストの関連ページ】

→ 4ストエンジンの吸気・圧縮・爆発・排気

→ 4ストエンジン、腰上の主要パーツたち

→ 2ストエンジンと4ストエンジンの違い

【合わせて読みたい2ストの関連ページ】

→ 2ストエンジンの構造と特徴

→ 2ストエンジンの動き

→ 2ストエンジンのポート加工

→ 2ストエンジンのリードバルブのしくみ

→ 2ストエンジンの1次圧縮と2次圧縮

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。