街乗りにも最適な2ストエンジン用スポーツマフラー

435gt

ストリートでは落ち着いた雰囲気のスポーツマフラーが人気。チャンバー効果による性能アップを実現しつつ、街乗り走行も視野に入れた設計がポイントだ。

大容量サイレンサーで音量を抑制

1

チャンバーとは異なる、まるで4スト用マフラーのような形状の2スト用スポーツマフラー。消音部分であるサイレンサーを大容量化したこのタイプは、一般的にチャンバーよりもサウンドが静か。

また、数年という長期使用などの際に生じる享年変化にも強く、耐久性も良好だ。加えてサイレンサーの構造上、マフラー全体がコンパクトに仕上がるのも大きな特徴となっている。

レースでもお墨付きの走行性能

スポーツマフラーはチャンバーよりも性能が劣ると思われがちだが、決してそうではない。一部のパーツメーカーでは、自社のワークスマシン(2スト50cc)にスポーツマフラーを装着してミニバイクレースに出場し、チャンバー装着車を凌ぐ好成績を残してきた。なお、チャンバーと比較したスポーツマフラーの一般的な長所と弱点は次の通り。

 スポーツマフラーの長所  スポーツマフラーの短所
①音量が静か

②耐久性が高い 

③転倒時に破損しにくい

④ノーマルマフラーに近いコンパクトな形状

①構造が複雑なため重量もヘビー

②チャンバーに比べてコスト高

チャンバーの長所
チャンバーの短所
①パワーが出しやすい

②軽量

③スポーティーな外観に仕上がる

④コスト安でパワーアップ

①音質がカン高く、音量も高くなりやすい

②タイプによっては転倒時に絞りの部分が破損しやすい

スポーツマフラーの素材

エキパイの素材にはスチール、もしくはサビに強いステンレスが使用される。スチールの場合はサビを防ぐため、表面にはクリアー塗装、メッキ処理、ブラックの耐熱塗装などを実施するのが一般的。サイレンサーの素材には、アルミやステンレスを使うのが一般的だ。

【合わせて読みたい関連ページ】

→ 2ストエンジン用のチャンバー