4ストロークエンジンの工程。吸気・圧縮・爆発・排気

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程




4ストロークエンジンは「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」という4つの工程を繰り返し、クランク軸を回転=タイヤを回転させる。それぞれの動きを見てみよう。

1 吸気

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程

クランクが回転。ピストンが下がるとともに、吸気側のバルブが開く。すると負圧(モノが吸い込まれる力)が発生し、キャブレターで作られた混合気が吸い込まれる。

2 圧縮

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程吸気バルブが閉じられ、今度はピストンが上昇。吸い込まれた混合気がピストンの頭によってギュ-っと圧縮される。

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程

エンジンのカットモデル。ピストンが一番下に下がった状態。

3 爆発

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程

圧縮された混合気が点火プラグによって爆発。爆発によって生まれた衝撃力によって、ピストンが一気に下降する。

モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程

ピストンが一番上まできた状態。

4 排気


モンキー(Monkey)やエイプ(APE)の4ストロークエンジンの工程

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。