カムシャフト1つでバルブ4つを動かすSOHC 4バルブエンジン

モンキーやエイプなどのSOHC(OHC)エンジンには吸気バルブ2本、排気バルブ2本を備えた高性能な「4バルブエンジン」がある。このエンジンの特徴を見てみよう。

カムは1個。でもバルブは4本

一部の4ミニ用高性能シリンダーヘッドやスポーツスクーターに採用されているSOHC4バルブエンジン。1個のカムシャフトに、2本の吸気バルブ、2本の排気バルブを備えた画期的な機構を採用しているのがポイント。

SOHC4バルブエンジンの大きな特徴は、

1)シングルカム(カムシャフトが1個)ならではの、軽量かつコンパクトな形状

2)吸排気バルブ各1本の2バルブよりも、全域に渡りスムーズな吸排気が行えること

SOHC4バルブ採用のシリンダーヘッド

SOHC4バルブエンジンの各所。燃焼室には吸気バルブ2本、排気バルブ2本設置。

OHC4バルブエンジンの吸気用&排気用ロッカーアーム。それぞれ2本のバルブを動作させるためY字型となっている。

→ 吸排気バルブを動かす「カムシャフト」「ロッカーアーム」

SOHC2バルブ採用のシリンダーヘッド

SOHC2バルブエンジンのシリンダーヘッド部。写真左は縦型エイプ用(カムシャフトとロッカーアームは取り外し)、写真右は横型モンキー用(カムシャフトとロッカーアームは組み付けた状態)。

SOHC2バルブエンジンの燃焼室。吸気バルブと排気バルブを1本ずつ設置。

SOHC2バルブエンジンの吸気用&排気用ロッカーアーム。

→ 吸排気バルブを動かす「カムシャフト」「ロッカーアーム」

【合わせて読みたいエンジンの関連ページ】

→ 超高性能なDOHC4バルブエンジン

→ 初代カブに採用のOHVエンジン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。