バイクのエンジン、2ストロークと4ストロークの違いはココ!

690o

モンキーやエイプなどの4ミニに搭載されている4ストロークエンジン、略して“4スト”は、吸排気バルブやカムシャフトを備えたメカニカルな機構。一方、2ストロークエンジン、略して“2スト”は、吸排気バルブやカムシャフトを持たないシンプルな機構。まずはシリンダーヘッドとシリンダーの違いを見てみよう。

シンプルかつ軽量な2ストエンジン

2ストは2サイクルとも呼ばれる、ピストン上昇・ピストン下降の2ストロークで「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4つの作業をこなすエンジンのこと。

重量感溢れる“ギッシリと詰まった”イメージのある4ストエンジンに対し、2ストエンジンはライトなイメージ。同じ排気量の場合、シリンダーヘッドの小さな2ストエンジンは重量が軽く、サイズもコンパクトに仕上がっているのが特徴だ。

2ストエンジンのシリンダーヘッド。4ストエンジンとは異なり、吸排気バルブやカムシャフトなどは設けられていない。そのため軽量かつ構造もシンプル。

2ストエンジンのシリンダー。シリンダー内には「掃気ポート」と「排気ポート」と呼ばれる孔が設けられている。

複雑な構造の4ストエンジン

4ストは4サイクルとも呼ばれる、ピストン上昇・ピストン下降・ピストン上昇・ピストン下降の4ストロークで「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4つの作業をこなすエンジンのこと。

コンパクトな外観の2ストエンジンに比べ、シリンダーヘッドの大きな4ストエンジンの外観はヘビーなイメージ。吸排気バルブやカムシャフト等を備えたメカニカルな構造のため、重量もヘビーだ。

吸排気バルブ、カムシャフト、ロッカーアームなど2ストエンジンにはないパーツが詰まった4ストエンジンのシリンダーヘッド。写真はモンキー用。