モンキーの兄貴分、ホンダ(HONDA) GORILLA [ゴリラ]

1978年、「モンキーの兄貴分」として登場したゴリラ。大容量の9ℓタンク、固定式ハンドル、肉厚のシートなどモンキーとはコンセプトを画した設計が特徴。1988年に生産終了となったが、10年後の1998年、モンキーに搭載されていた12Vエンジンを搭載して10年ぶりに復活した。

1978年(昭和53年)8月 Z50J-Z-3(型式:A-Z50J-130~)

堂々たる風格、これがゴリラの第1号車


ニーグリップしやすい大容量の9ℓガソリンタンク、座り心地の良い肉厚シート、ゆったりとした幅広のアップ型バーハンドル、荷物が積載できるフロントキャリア&大きめのリヤキャリアを装備したゴリラ。モンキーと同じレジャーモデルながら、コンセプトがやや異なっているのが特徴だ。

「車に積み込んで目的地で遊ぶ」というコンセプトのモンキーに対し、ゴリラは目的地までの自走を想定。エンジンは基本的にモンキーと同じだが、ミッションとクラッチはスポーツ性の高い4速のマニュアル式を採用。“モンキーの兄貴分”に相応しい、堂々たるフォルムも大きな魅力となっている。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:2.6ps/7000rpm/最大トルク:0.3kgm/5000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):10万8000円

1979年(昭和54年) Z50J-Z-3L(型式:A-Z50J-130~)

初代メッキゴリラ

モンキーリミテッドと同時にリリースされたメッキ仕様のゴリラリミテッド。外装類に贅沢なメッキ処理を実施。モンキーリミテッド同様、高い人気を獲得した。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:2.6ps/7000rpm/最大トルク:0.3kgm/5000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):13万8000円

1985年(昭和60年)4月 Z50J-F(型式:A-Z50J-160~)

圧縮比の変更等で2.6psから3.1psにアップ

1984年発売の初代ゴールドモンキーに搭載されたエンジンを採用。コンパクトな燃焼室形状のシリンダーヘッド、フラット型ピストン、ロングコンロッドなどの変更で、圧縮比が8.8から10.0にアップされた。

またバルブ回りの変更なども併せ、最高出力はモンキーと同じ3.1psにアップ。ちなみにこの年に発売されたモンキーは、ゴリラと同じ自動遠心式クラッチ+3速ミッションからマニュアル式クラッチ+4速ミッションに統一されている。

Z50JFよりモンキーと同じく、ハンドル左側にウインカー、ホーン、ヘッドライト機能を集約した集合スイッチを採用。外装パーツ(カラーリングを除く)や足回りに大きな変更はない。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):12万5000円

1988年(昭和63年)1月 Z50J-J(型式:A-Z50J-162~)

6Vエンジン搭載ゴリラの最終モデル

外観のカラーリングを変更してイメージを一新。88年発売のモンキー同様、左バックミラーも新たに追加採用された。その他に大きな変更はない。このモデルを最後に、ゴリラはしばらく生産中止となる。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):12万8000円

1988年(昭和63年)1月 Z50J-J(型式:A-Z50J-162~)

特別仕様車、ホワイトスペシャル

モンキー同様、88年に発売されたパールミルキーホワイトの清楚な特別仕様車。専用シートやメッキパーツの増加など、豪華さに磨きをかけた贅沢なつくりが特徴。エンジンや外装パーツ、足回りに大きな変更はない。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):13万1000円

1998年(平成10年)1月 Z50J-W(型式:A-Z50J-250~)

12Vエンジンを搭載して見事に復活

モンキーに搭載されていた12Vエンジンを搭載しておよそ10年ぶりに復活。タンクの立体エンブレム、メッキフェンダー、メッキライトケースなど前モデルよりもゴージャスな雰囲気に仕上げられている。

フロントフォークはモンキーと共通だが、ゴリラの象徴的アイテムだったフロントキャリアは廃止。フロントマスクのイメージを一新させている。ただし9ℓタンク、大型のリアキャリア、肉厚のシートなどは健在。以降のスタンダードモデルは一般に「12Vゴリラ」と呼ばれている。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):19万4000円

1999年(平成11年)1月 Z50J-X(型式:A-Z50J-260~)

限定3500台の2代目のメッキゴリラが登場

ライトカバー、前後フェンダー、チェーンガード、マフラーガード、フレーム、フロントフォーク、スイングアーム、リヤサス、ホイールなど全身にメッキパーツを採用した豪華な限定モデル、スプリングコレクション。こだわりぬいた豪華な外観から、歴代のメッキモデルの中でも最高峰に位置づけられている。限定3500台。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):24万9000円

1999年(平成11年)9月 Z50J-Y(型式:BA-AB27-100~)

モンキー同様、環境性能を向上して型式は「AB27」に

99年に発売されたモンキー同様、新しい排ガス規制に対応させるためにブローバイガス還元装置を設置。キャブレターもPA型からPB型に変更されている。

これらに合わせ、エアクリーナーやマニホールドなどの吸気系、ピストとピストン回りも変更。カラーリングや外装パーツ、足回りなどは前モデルと変わらない。

モンキーと同じく、このモデルよりフレーム・エンジンの番号は伝統の「Z50~」ではなく、「AB27~」で開始。型式も「A-Z50J」から「BA-AB27」に変更された。この規制対応以降のモデルは「AB27ゴリラ」と呼ばれることもある。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):19万6000円

2001年(平成13年)1月 Z50J-1(型式:BA-AB27-110~)

清楚な雰囲気のホワイトカラー

ワイルドな黒/銀ツートンから、清楚なホワイトにカラー変更。タンクのロゴもウイングマークから「GORILLA」のみのシンプルなものに変更された。その他に変更はない。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):19万9000円

2002年(平成14年)11月 Z50J-4(型式:BA-AB27-140~)

盗難抑止用装置用の配線を標準装備

別売りの盗難抑止用アラームキット装着用の配線が標準装備。カラーは深緑/黒にチェンジ。野生的な雰囲気に演出されている。その他に大きな変更はない。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):19万9000円

2003年(平成15年)12月 Z50J-5(型式:BA-AB27-150~)

U字ロックホルダーを備えたリヤキャリア採用

盗難抑止用のU字ロック(U字ロックは別売り)が固定できるリヤキャリアを新たに採用。カラーは躍動的なイエローにチェンジ。その他に変更はない。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):19万9000円

2007年(平成19年)1月 Z50J-7(型式:BA-AB27-170~)

キャブレター最終モデル

精悍なブラックカラーにチェンジ。その他に変更はない。ゴリラの12Vキャブレター最終モデル。

●SPEC 

全長:1365mm/全幅:625mm/全高:880mm/乾燥重量:62kg/燃料タンク容量:9ℓ/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):21万5250円

【弟分のモンキーシリーズをチェック】

→ ビンテージ・モンキー

→ 6V(ボルト)モンキー/限定

→ 12V(ボルト)モンキー/限定モデル

→ FI(インジェクション)モンキー

→ モンキーR

→ モンキーBAJA(バハ)

【合わせて読みたいモンキーのページ】

→ モンキーの大まかな種類

→ 6Vモンキーと12Vモンキーの大きな違い

→ 6Vモンキーと12Vモンキーを簡単に見分ける方法

→ “ナンバー” からモンキーの種類を知る

→ モンキーのクランク、ピストン、コンロッドの違い

→ 6Vモンキーのポイント調整 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。