モンキー・エイプの足回り – ホイールに装着するハブ




ハブはディスクローターやホイールを固定するためのパーツ。ノーマルのドラムブレーキからディスクブレーキにバージョンアップする際にも必要となる、足周りの重要アイテムだ。モンキーやエイプなどの4ミニ用ハブは各社からラインナップされている。

ホイールやディスクローターの組み合わせに要注意

摩訶不思議なカタチをした金属の塊、ハブ。アルミ削り出しやアルミ鋳造をメインに、各社から様々なタイプがリリースされている。

ハブ選びの注意点は、ディスクローター(ディスク板)、ステムシャフト、ホイールなど、組み合わせのパーツが限定されること。この組み合わせを間違えると、各パーツがボルトオンで装着できない、ホイールセンターが出ない等のトラブルを招いてしまう。

購入する前に、組み合わせ可能な関連パーツを、よく調べておこう。なお、写真は12インチアルミホイールにフロント用ハブを取り付けたところ。

→ ハブもいろいろ。その違いを検証

2-1
2-2

ディスクブレーキ用ハブには、円盤状のディスクローターが接続される。ちなみに12インチ以下の小径ホイールの場合、クリアランスの関係上、ディスクローター取り付けボルトの締め付けは、一番最後になる場合が多い。

→ ディスクローター選択時の注意点

ハブの両端にディスクローターが装着できる、豪華なモンキー用のダブルディスク用ハブ。ビッグバイクを彷彿させる、豪華なフロント周りに仕上がるのが特徴。

4-1
4-2

こちらはリヤホイールに取り付ける、リヤ用のディスクブレーキ用ハブ。写真のタイプは、リヤのドリブンスプロケットの衝撃を緩和し、チェーンの伸びやスプロケットの痛みを抑制してくれるラバーダンパー内臓モデル。

ディスク用ハブを使ってディスクブレーキ化したモンキーのリヤ周り。メカニカルな雰囲気に仕上がっている

丹念に肉抜きされた軽量型のダイキャスト製ハブ。フリクションロスの低減はもちろん、足下の高級感も大幅にアップする。

ハブ一体型ホイールのメリットとは?

6-1
6-2

鋳造ホイールや鍛造ホイールは、ハブを一体型にしたホイールが多数。このため、ホイール+ハブの総重量が、ハブ別体型よりも軽くなる場合が多い。各社から様々なタイプがリリースされているので、軽量化にこだわるディスクブレーキ派のユーザーは要チェック。

【合わせて読みたいハブの関連ページ】

→ ハブもいろいろ。その違いを徹底チェック

【ディスクブレーキの関連ページ】

→ ディスクブレーキで制動力アップ!

→ ディスク化に便利な「ディスクブレーキキット」

→ ディスクローター選択時の注意点

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。