円盤状の砥石が回転 – ドリル砥ぎ等に使用する両頭グラインダー




円盤状の砥石を2個備えた、据え置き式の両頭グラインダー。ドリルを研ぐ、金属のバリを取る等々、何かと重宝します。家庭用の小型タイプなら、新品でも1万円前後で入手できる、比較的手頃なツールです。

丸い砥石が高速で回転

据え置き型の両頭グラインダーは、細部のバリ取りやドリル研ぎなどに便利なツール。電源を入れると、取り付けられた円盤状の砥石が高速で回転します。

左右の砥石は、それぞれ「目の粗さ」の異なるものが設置。削りの場所や素材の固さ等によって、砥石を選定します。

ドリルを研ぐには経験と技が必要。左右の傾斜の長さを均等にするだけでなく、穴を開ける対象物との摩擦を回避するための“逃げ”を作ってやることが必要です。

薄い素材の穴開け

通常、ドリルの刃の角度は90°が理想的。ただし1~2mm程度の薄い金属に穴を開ける場合、角度が90°のままだと刃先にかかる力が分散しやすく、真円になりにくい。

真円にする時の研ぎ方

薄い金属に穴を開ける場合は、金属面に力がかかりやすいよう、中心となる先端部分を若干残して刃先を鈍角(90°より大きく180°より小さい)に研いでやると真円になります。お金に余裕のある人は、薄板専用ドリルを使ってみるのもおススメです。

薄い金属板に穴を開ける時のポイント

薄めの金属に穴を開ける時は、下に角材などを敷いて作業すると素材が曲がりにくく、キレイに仕上がります。

 

※ご注意…工作機械を使った作業には危険が伴います。初心者は熟練者の指導の下、正しく、慎重に作業して下さい。なお、パーツの加工、その他の作業の際に発生したパーツや工作機械の破損、ご自身の怪我に対する責任は当サイトでは負いかねます。あくまでも自己責任で作業して下さい。

【工作機械のページ|穴を開ける】
→ 手軽に穴あけが可能、電動ドリル
→ 確実な金属の穴あけを実現、ボール盤

【工作機械のページ|ネジを切る】
→ 丸穴にネジを切る工具、タップ

【工作機械のページ|削る・研磨】
→ 細かな削りや研磨に便利、リューター
→ 荒削りや研磨、仕上げに使用、ディスクグラインダー
→ 面取りや研磨に便利、ベルトサンダー
→ 金属面を“真っ平ら”に研磨、平面研磨機

【工作機械のページ|穴を開ける/削る】
→ 円柱の金属を自由に加工、旋盤(せんばん)

【工作機械のページ|削り込む】
→ 多様な切削加工を実現、フライス盤

【工作機械のページ|切断する】
→ 大型の金属板を即時に切断、シャーリング
→ 自由な形に金属を切断、コンターマシン
→ 金属を溶かして切断、バーナー
→ 短時間で金属棒を切断、金属用ノコギリ

【工作機械のページ|つなげる】
→ 金属を溶かして接続、溶接機

【工作機械のページ|曲げる】
→ 金属を曲げ加工、プレスブレーキ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。