ゴリラ(モンキー)カスタム ベース車両:ゴリラ 排気量:88cc ストリートで大活躍




オーナー:4ミニ.net
住所:千葉県
排気量:88cc
ボア径:52φ
ストローク長:41.4 mm
ベースフレーム:ゴリラ
ベースエンジン:ゴリラ
用途:街乗り、通勤
燃費:45 km/ℓ
カスタム費用(車両費を除く):100 万円

前後の足周りは8インチから10インチにサイズアップ。フロントフォークはNSR50用、スイングアームはOVERレーシング製160mmロングのスタビライザー付き、リヤサスはクァンタム製(ワンオフ)330mmなどで強化済み。

エンジンはボア52mm×ストローク41.4mmのショートストローク型88cc。キャブレターはPE24を採用していたが、なぜだかエンジンの掛かりが悪く、常にプラグがカブリ気味だった。そこでヨシムラミクニTM-MJN24に変更したところ、それまでのエンジン始動不良が嘘のように改善。キック一発で始動するようになった。

NSR用フロントフォークや160mmロングスイングアームを組み合わせ、ノーマルゴリラの8インチから10インチにサイズアップ。モンキーやゴリラの足周りカスタムは、大き過ぎず小さ過ぎない10インチが相変わらず大人気。

ヘッドライト&ケース、ガソリンタンク、シート、リヤキャリア、テールランプ&リヤウインカーはノーマルを使用。マフラーはアドバンス・プロ製。静粛性をさらに高めるため、自作のエンドバッフルを追加装着。

工作機械のサンダーを使い、スチール製のゴリラ用ノーマルフェンダーをチョップ加工。スッキリとしたリヤ周りに変更した。パープルカラーに輝くリヤショックはクアンタム製330mm(ワンオフ)。

Gクラフト製NSRフォーク用199mmワイドステムを採用しているため、ヘッドライトステー(キタコ製他車用を流用)とノーマルヘッドライトケースの間には、ワンオフのブラケットを噛ませ済み。

オイルクーラーはスチール板を素材に、ワンオフステーを製作し、ヘッドライト下にレイアウト。

キャブレターはヨシムラミクニTM-MJN24。以前はPE24を使っていたが、TM-MJN24に変更以降、始動性が格段に上昇(なぜだ??)。エアフィルターにはワンオフのカバーを組み合わせ済み。

カスタムミラーは愛車だったSR400に装着していたもの。ブレーキレバーはTTS製アルミ削り出し。スロットルはデイトナ製ハイスロットルをチョイス。

フロントフォークはNSR用を流用。フェンダーを固定するネジ穴を利用し、ゴリラ用ノーマルフェンダー固定用ステー(スタビライザー兼用)をワンオフ製作。

エンジンはハイポートヘッド、52φシリンダー、ハイコンプピストンなどデイトナ製で構成。クランクシャフトはノーマル41.4mmとし、排気量88ccのショートストローク型に設定。排気量クラッチはデイトナ製湿式。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。