スクーターのバーハンドル化

345t

多くのスクーターはハンドル回りがカバーで覆われている。バーハンドルに変更すれば、ノーマルとは趣の異なる軽快なフォルムに速チェンジ!

カバーに覆われたノーマルのハンドル回りを・・・

ハンドル回りがカバーで覆われたスクーターは、いまひとつカスタム感に欠けるのがネック。そこで採用したいのがバーハンドル化。スポーティーかつメカニカルなハンドル回りに生まれ変わるのが大きなポイントだ。

市販のキットを使って気軽にバーハンドル化!

スクーターのバーハンドル化の始まりは、90年代終盤頃から始まったビッグスクーターカスタムから。スクーターにバーハンドルを装着するという行為は、これまでありえなかった非常に斬新なもの。

このカスタム術は瞬く間に小排気量車にも広がり、バーハンドル化用の市販キットも急増。今ではノーマルのビッグスクーター等にも当たり前のように採用されるなど、スクーターカスタムの定番として定着している。

バーハンドル、ハンドルポスト、ウインカー、メーターなどが1セットになった市販のバーハンドルキット。各メーカーから各車用がラインアップ中。

バーハンドルキットのハンドルポスト部分(ハンドルを固定する箇所)。アルミ削り出しなど高級感溢れるモデルが多数。ハンドル回りのカスタム度も大幅にアップするのが特徴。

バーハンドル化でフロントビューも大幅にイメージチェンジ。

ハンドルを強化するブレースを装備したアルミ製バーハンドルを装着。センターにスピードメーターやタコメーターなどの機能を持った多機能メーターをレイアウト。長めのステーを駆使してフロントディスクブレーキ用の別体式リザーブタンクを取り付けるなど、カスタム度も満点。

【合わせて読みたい吸気系の関連ページ】

→ キャブレターの面白さを伝授

→ キャブレターのセッティング方法

→ 天候や気候でキャブレターの性能は変わる?

 

345t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。