シリンダーヘッドにある燃焼室の“スキッシュエリア”

シリンダーヘッドにある燃焼室のスキッシュエリア




シリンダーヘッドの燃焼室は、ピストンで圧縮された混合気が爆発する箇所。モンキーやエイプのシリンダーヘッドには、燃焼室の周りにスキッシュエリアと呼ばれる“段差”が設けられたタイプがある。

燃焼速度が高まり、燃焼率が向上

シリンダーヘッドにある燃焼室のスキッシュエリア

スキッシュエリアのスキッシュとは、英語で「押し潰すこと」「寄せ集める」を意味する。

この段差は一般的に、燃焼圧力を燃焼室の中央に集中化させ、燃焼率を向上させることが目的。

また燃焼速度が高まり、燃費向上の効果も望めるのが特徴。

切削機械や溶接機を駆使し、スキッシュエリアを持たないシリンダーヘッドにスキッシュエリアを加工・設置するハイエンドユーザーも存在する。

→ 燃焼室の変更でパワーアップ

シリンダーヘッドにある燃焼室のスキッシュエリア

写真上は燃焼室にスキッシュエリアをほとんど持たないシリンダーヘッド。

シリンダーヘッドにある燃焼室のスキッシュエリア

2つのイラストはエンジンの爆発運動を示したもの。

キャブレターやインジェクションが作った混合気をエンジン内に吸い込み、ピストンで圧縮。燃焼室内で点火プラグが着火し、爆発。その衝撃でピストンが下降する。燃焼室は常に過酷な状況にあるのだ。

【合わせて読みたい関連ページ】
→ ノッキングの現象と原因
→ 高性能シリンダーヘッドの構造
→ 4ストエンジン、腰上の主要パーツたち
→ 腰上の分解と組み付け
→ 4ストエンジン、腰下を構成するパーツ
→ 4ストエンジンの吸気・圧縮・爆発・排気