DOHC4バルブのホンダ(HONDA) Dream50 [ドリーム50]

1962年(昭和37年)、ワークスレーサー・RC110のテクノロジーを随所に盛り込んだ市販ゼロハンレーサー、CR110カブレーシングが登場。35年後の1997年(平成9年)1月、誰もが待ち望んだ同車の復刻版「ドリーム50」がリリースとなった。

“精密機械”と呼ばれるDOHC4バルブ49ccエンジン

「CRヒャクトー」「カブレーシング」の愛称で、多くのフリークたちに支持され続ける伝説の50ccモデル、CR110カブレーシング。多くのユーザーを魅了した同車を彷彿させる“夢の”マシンが、ドリーム50だ。

エンジンは別名『精密機械』と呼ばれる、カムシャフト2本&小さな燃焼室に吸気バルブ2本・排気バルブ2本を備えたDOHC4バルブ49cc。低・中回転域での粘り強い出力特性と、高回転域での伸びのある出力特性を両立しているのがポイント。→ DOHC4バルブエンジン

ボア×ストロークは40.0mm×39.6mmに設定。スポーツ走行からストリートまで幅広く楽しめる一台に仕上げられている。エンジン左側のシリンダーヘッドカバーは、CR110にも採用された別名『ミッキーマウス』と呼ばれるタイプ。写真上はHRC製ジェネレーターカバー装着車。

前後ディスクブレーキなど足回りも充実

フレームは CR110カブレーシングのイメージを踏襲した、高剛性のスチール製ダイヤモンドフレーム。メインパイプは34φの極太パイプを必要最小限の長さで採用。外観を損なわないよう、各ステー類の溶接は極力パイプの内側になるよう細かく配慮されているのが特徴だ。

フロントフォークはインナーチューブ径27φ。クッションストローク100mmのフリーバルブタイプを採用し、軽快なハンドリングとキレのある乗り心地性を両立。フォークケースにはクロームメッキのカバーを装着し、CR110イメージを踏襲している。

前後ブレーキは、コントロール性に優れた油圧ディスク式。フロントは240φのディスクローターに2ポットキャリパー、リアは190φのディスクローターにコンパクトなシングルピストンキャリパーを組み合わせ、ボアアップエンジンにも対応する制動力を確保している。

CR110のイメージを忠実に再現したレーシーな外観

前後ホイールはレトロな雰囲気が漂う、H型断面のアルミリムを採用したバフ仕上げの大径18インチ。前後タイヤはピレリ製の18インチ(2.50-18 45L)をチョイスして、十分なグリップ力を確保している。

フェーエルタンクはCR110用をイメージした、デザインにこだわったオフセットタンクキャップ採用のロング型。フューエルタンクにラバーバンドを採用することで、レーシーかつレトロなイメージを再現している。

鋲止めシート、シートストッパー一体型シングルシート、懐かしいお椀型シートカウルなど、味のあるアイテムも随所に投入済だ。写真上のレッドは限定1000台のスペシャルエディションカラーモデル。

二重管構造になったエキゾーストパイプの入り口部分。小排気量車としては非常に珍しいシステムが導入されている。

前後に長いガソリンタンク。レトロな外観も特徴。

社外製ロケット型ハーフカウルでレーサーフォルムにカスタムしたドリーム50改。

CR110カブレーシング」とは?

ドリーム50のベースとなった CR110カブレーシング(写真は後期型のレース仕様)。最高出力8.5ps/1万3500rpm、最大トルク0.46kgm/1万1500rpmを誇る。同車は当時開催されていた世界GP50ccクラスでも大活躍した、1962年発売の市販レーサーだ。

ミッションは狭いパワーバンドが有効的に使えるよう(当時のレース用エンジンの多くは極めてピーキーな特性だった)、多速8段リターンミッションを採用。乾燥重量は61kgまで軽量化。

パワフルなエンジン、レース専用の外装、余分な贅肉をすべて削ぎ落とした軽量な車体により、最高速度は130km/hを超えた(メーカー公表値)。

アルミ叩き出しのロケットカウルを装着した、レース仕様の CR110カブレーシング。カウルは職人による手作りのもの。

HRCがプロデュースしたドリーム50R

ホンダのレース部門であるHRCが手掛けた、レース専用のドリーム50R。

市販のドリーム50をベースに、HRC製の「Dream50用レース専用キット」のカムシャフト、バルブスプリング、ピストンを導入。

また、低フリクションカムチェーン、クランクシャフト、軽量ACジェネレーター、レース専用設計のキャブレターやエアファンネルも組み込み済。なおエキゾーストパイプ部分は二重管構造から単管に変更し、排気効率を高めている。

最高出力はノーマルの5.6ps/1万500rpmから、7.OPS/13,500rpmにアップ。ミッションは6速クロスミッションがチョイスされている。販売価格は49万1400円。平成22年に販売終了。

【合わせて読みたい関連ページ】

→ 伝説の名車、CR110カブレーシング

→ DOHC4バルブエンジン

スペックの比較表

スペックの比較表
  CR110前期型
(公道仕様)
CR110中期型
(レース仕様)
CR110後期型
(レース仕様)
ドリーム50 HRC
ドリーム50R
全長 1725mm 1830mm 1790mm
全幅 510mm 615mm
全高 780mm 945mm
軸距 1155mm 1195mm
乾燥重量 75kg 61kg 81kg 71kg
キャスター角 26° 25°
排気量 48.984cc 49.968cc 49.738cc 49.738cc
ボア×ストローク 40.0mm
×
39.0mm
40.4mm
×
39.0mm
40.0mm
×
39.6mm
40.0mm
×
39.6mm
最高出力 7.0ps/1万2700rpm 8.5ps/1万3500rpm 5.6ps/1万500rpm 7.0ps/1万3500rpm
最大トルク 0.4kgm/1万1000rpm 0.46kgm/1万1500rpm 0.42kgm/8500rpm 0.45kgm/1万500rpm
圧縮比 8.5 10.3 10 11.7
吸気バルブ径 16.5mm 14.0mm 15.0mm
排気バルブ径 16.0mm 12.0mm 13.0mm
キャブレター ケイヒンPW20 ケイヒンRP25-P1 ケイヒンPC15 ケイヒンPC20
燃料タンク容量 8.0L 9.5L 6.2L
オイル容量 0.8L 1.1L
クラッチ形式 乾式 湿式
ミッション 5速 8速 5速 6速
1速 2.058 2.260 2.692 2.846
2速 1.611 1.550 1.823 2.188
3速 1.238 1.320 1.400 1.722
4速 1.091 1.130 1.130 1.450
5速 1.000 1.040 0.960 1.237
6速 0.962 1.174
7速 0.893
8速 0.852
1次減速比 4.66 4.437
2次減速比 2.92 3.583 2.867
タイヤ(前) 2.00-18 2.50-18
タイヤ(後) 2.25-18 2.50-18
ブレーキ(前) ドラム式 油圧式ディスク
ブレーキ(後) ドラム式 油圧式ディスク

【合わせて読みたい関連ページ】

→ 伝説の名車、CR110カブレーシング

→ DOHC4バルブエンジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。