モンキー・エイプのローラーロッカーアーム機構とは?

111

カムシャフトのカム山に沿って動き、バルブを動作させるロッカーアーム。このカムシャフトとロッカーアームの動きをスムーズにさせるパーツが「ローラー付ロッカーアーム」。レーシーなこの機構は、ノーマルのFIモンキー用シリンダーヘッドを始め、モンキーやエイプの社外製高性能シリンダーヘッドに採用されている。

ローラーの採用で低回転から走りはスムーズ

カムシャフトの接触面にローラーを採用し、カムシャフトへの摩擦抵抗を低減する機構がこのローラーロッカーアーム。

ローラーロッカーアームは、低回転から抵抗なくスムーズに動くことはもちろん、ローラーがカム山を越えると、カムシャフトを回転方向に押し出す力を自然発生。つまり通常のロッカーアームよりも、遥かに軽い力でカムシャフトが回転するという特徴を持っているのだ。

ローラーロッカーアームは、エンジンのパワーロスを最小限に抑え、一般に全域で滑らかな出力特性を実現。レーシーかつ贅沢な機構といえよう。写真上は軽量なアルミ鍛造タイプ。

こちらはクランクシャフトとの接触面にローラーを備えていないスタンダードなロッカーアーム。

1-3
1-4

ロッカーアームはイラストのように、バルブスプリングによって強い力でカムシャフトに押し付けられている。

スタンダードなロッカーアームの場合、カムシャフトが回転すると、さらに接触面に大きな抵抗が発生してしまう。ローラーロッカーアームは、これらの抵抗を上手に逃がしてやる優れた機構だ。

FIモンキーのシリンダーヘッド。ローラーロッカーアームの採用などにより、スロットルレスポンスは飛躍的にアップしている。

→ FIモンキーのローラーロッカーアーム