モンキーの足回り – 純正フロントフォーク(NSR用等)流用術

2357

モンキーやエイプなどの4ミニは、社外の専用ステムを使えば簡単に他車用の純正フロントフォークも流用できるのが特徴。手頃な正立フォークから本格的なレース用フォークまで幅広くチョイスできる。

純正フロントフォークのクランプ(固定部)径

27φ 12Vダックス  ※1
Dio-ZX ※2
Dio-Z4 ※2
30φ モンキーR
NSR50/80、NSR Mini、NSF100
31φ エイプ100/50
XR100/50モタード
NS-1
39φ/41φ KSR110/Ⅰ/II(倒立型)
48φ RS125R(倒立型)

※1 12Vダックスは25φ(2016年6月訂正)
※2 一般にインナー部の延長交換が必要。

専用ステムキットを使えばボルトオンで装着OK

1-1
1-2

モンキーは高性能な社外フォークはもちろん、純正の他車用フォーク装着も人気。純正フォークの流用は、社外の専用ステムキットを使えば、ボルトオンで手軽に装着できる(一部フォークを除く)。モンキーの場合、中古パーツのタマ数が多く、しかも入手しやすいNSR用30φフォークが大人気。

また、モンキー&エイプともに、スポーティーなフォルムの倒立型KSR用フォークの流用も人気。その他、耐久レース出場車両は、専用ステムキットを使ってハイポテンシャルなRS125R用を流用。シチュエーションに応じた多角的なカスタマイズが楽しまれている。ビギナーは流用したいフォークとステムキットが適合するかどうかを、まずしっかりと確認することが大切だ。

→ ステアリングステムの選び方

NSR50/80用(後期型)のフォーク長は615mm

NSR50/80用フォークは、モンキーの足周りカスタムに大人気のフォーク。人気の理由は、入手のしやすさ、ステムキットの豊富さ、価格、性能、組み合わせ可能なブレーキ周りやホイールなどが豊富な点。写真は6本スポーク型キャストホイールを備えた後期型。フォーク長はボトムケース下からトップ部までが約615mm。後期型よりも40mm長いのが特徴。

NSR50/80用(前期型)のフォーク長は575mm

写真は3本スポーク型キャストホイールを採用した前期型。フォーク長はボトムケース下からトップ部までが約575mm。後期型よりもやや短いのがポイント。ちなみにNSR用ホイールは、モンキーの12インチカスタム用にも人気。一般的に6本スポークの後期型よりも、3本スポークの前期型のほうが転倒時の歪みに強いといわれる。

DSCF6963

前期型のトップボルトは先端部分が凹形状になっているのが特徴。モンキーやゴリラに流用する場合、雨水やゴミが溜まるので社外パーツへの交換をおすすめします。

NSR用30φフォークにも適合する社外イニシャルアジャスター。手軽にスプリングの硬さ調整が可能。ドレスアップ度も大幅にアップする。イニシャルアジャスターは各社から発売中。

NSR50/80用30φフォーク用のトップキャップ部分に接続する延長キット。フォークを伸ばせば、大径タイヤも装着可能。シリンダーヘッドの接触も余裕を持って回避できる。各社から様々な長さのタイプがリリース中。

NSF100用はイニシャルアジャスター装備

2-5

NSF100はHRCが発売するレース専用の4スト100ccモデル。このマシンの30φフォークは、スプリング固さ調整できるレースマシンならではのイニシャル(プリロード)アジャスターを装備。フォークのトップ部を回すだけで、フロントフォークのセッティング変更が可能となる。新品の場合はNSR50/80用よりも高額だが、走りにこだわるカスタマーはNSF100用をチョイスする場合が多い。

→ HRCが放つ4ミニレーサー、NSF100

→ フロントフォークのプリロードアジャスター

5-2

ゴリラにNSR用フォークを移植し、社外イニシャル(プリロード)アジャスターを装備したところ。

レーシーな倒立型のKSR110/1/2用フォーク

2ストのKSR1(50cc)/2(80cc)用及び、4ストのKSR110用の倒立型フォークは入手のしやすさとフォルムの良さがポイント。モンキー、ダックス、エイプなど様々なカスタムに流用されている。サイズはインナー径30φ、ステム部径41φ、トップブリッジ部径39φ。モンキーやエイプへの装着は、社外の専用ステムを使えばボルトオンでOK。

→ カスタムベースに人気のKSR110

エイプ改に人気のNS-1用31φフォーク

インナー径31φのフォークを備えた絶版2ストモデル、NS-1。ドラムブレーキ仕様のエイプにNS-1用フォークを流用し、NSR50/80用ホイール&ディスクブレーキを流用するカスタムは定番中の定番。DE耐などの耐久レースでは、NS-1用フォーク、17インチホイール、ディスクブレーキをエイプに丸々移植するユーザーも多数。

卓越したポテンシャルを誇るRS125R用倒立型フォーク

ホンダの2スト市販レーサー、RS125R。同車のフォークは卓越したポテンシャルを誇る、本格的なレース仕様の倒立型。フォルムはもちろん、性能もピカイチだ。モンキー、エイプ、ストリートカスタム、耐久レース等々、車種やシチュエーションを選ばず多方面に渡って流用されている。

ノーマルエイプ用31φフォーク

スポーティーな正立フォークを備えたドラムブレーキ仕様のエイプ50/100。ドラムブレーキ用フォークの場合、適応するハブキットやディスクブレーキキットなど周辺パーツが限られるため、モンキーに流用されることはほとんどない。

→ スポーツ50ccのエイプ50

→ エンジンパーツも豊富なエイプ100

XR50/100モタード用31φフォーク

XR50/100モタード用はエイプ同様、31φフォークを装備。エイプ用フォーク同様、30φフォークの人気が高いモンキーに流用されることはほとんどない。

→ XR50/100モタード

12Vダックス用27φフォーク

1995年に復活した12Vエンジン搭載のダックス。同車のフロントフォークは27φの正立型。かつては4ミニカスタムでも高い人気を誇った。モンキーへステムごと装着するには加工が必要。ただし27φフォーク用ステムキットを使用すればボルトオンで装着可能。

→ 1995年に復活したダックス

9-2

Dio-Z4用27φフォーク

9-1

Dio-ZX用27φフォーク

ホイール、ブレーキ周りを丸ごと移植する場合に使われることが多い。ただしインナーチューブが短いため、27φステムに取り付けるには、一般にインナーチューブを他車用27φに交換するなど、延長加工する必要がある。

モンキーR用30φフォーク

モンキーのスポーツモデル、モンキーRには正立30φフォークが採用されていた。車両自体のタマ数が少ないため、中古パーツは少ない。モンキーRフォーク用の専用ディスクキットがない、また30φフォークはNSR50用が主流であるため、モンキーに流用されることは極めて少ない。

→ モンキーの兄貴分、モンキーR

【合わせて読みたいフロントフォーク関連のページ】

→フロントフォークの交換術

→フロントフォークやリヤショックの構造

【合わせて読みたいサスペンション関連のページ】

→ 衝撃を吸収するリヤショック

→ サスペンションのセッティング用語

 

2357

3 件のコメント

  • O.U より:

    12V Daxのフロントフォークインナーチューブ径は25φです
    ご確認ください メーカーから純正取り寄せたら25φでした
    モトラに使えるかと思って取り寄せたら全く違ってがっかりしました

    • 4mini.net より:

      たいへん失礼しました。
      本文訂正いたしました。

  • 通りすがりのお猿さん2 より:

    XRのフォークで間違いがあります!。
    APE50・100(タイプD)とAPE50・100(ドラム)よりXR50・100モタードのフォークの方が長いです! タイプDとドラムのフォークの全長はほぼ同じです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。